働いていると月読をくらってる気分になる

どうもニアです。

昔から思っていたことですが、月曜日や火曜日になると「もう流石に木曜日になったやろ」感ありありませんか。

これだけクタクタになるまで働いたんだからあと2日耐え切れば休みだと思いきやまだ火曜日ですみたいな感じです。

変なこと言ってるのは自覚してますが、こんな感覚って私だけでしょうか。

働いていると頭がおかしくなるのが自分でも分かります。

時間感覚がおかしくなるどころか曜日感覚すら失われてしまっています。

やはり労働は体に悪い

働いていると「あと2時間くらいすれば定時だろ」と思いきやあと5時間もあるという感覚が日常茶飯事で、イタチの月読を食らっている気分です。

月読というのは漫画「NARUTO」にて、カカシがイタチから受けた幻術ですね。

イタチが張り付けにされたカカシに向かって「今から72時間、刀で刺し続ける」と言いながら体中を刀でグサグサと刺しまくり、1時間ぐらいたったと思ったら「あと71時間59分59秒」だと告げられて絶望するシーンです。

今の私も同様の絶望を味わっています。

こんな幻術にかけられた覚えないのにな・・・

どうせ幻術にかけるのならもっとマシなのにしてほしいものです。

ところがどっこいこれが現実なのでした。

(・・・また幻術なのか!?)

コメント