節約は無理のない範囲で程々にしましょう←これ嫌い

どうもニアです。

節約生活をさらに極めるべくあらゆる節約テクニックを探してネットをさまようことがあります。

そんな時に家計簿をつけましょうとか間食を減らしましょうとかありきたりな節約法を2~3個並べて最後は「でも節約は無理のない範囲で程々にしましょう」なんて言葉で締められている記事を見ると溜め息が出ます。

無理のない範囲での節約は節約とは呼ばない

家計簿をつけるとか間食を減らすなんていうのはセミリタイヤーにとっては基本中の基本の話であって、もはや節約とは呼べません。

その程度のことは節約でも何でもなく、ただの日常生活です。

セミリタイヤーにとっては食費を3万円以下、家賃を3万円以下、光熱費を1万円以下ぐらいにするのが基本であって、そこからがスタートラインです。

家計簿云々なんてものは既に通り過ぎた話であって、その程度の「無理のない範囲での節約」なんて何の参考にもなりません。

その程度のレベルの低い節約法しか紹介されていないのを見ると「クソッ、時間を無駄にした」と思わずにはいられません。

お金は使わなくて済むならそれに越したことはない

だいたいお金を使わず済むならそれに越したことはないのですから、もっとお金を使わずに済むテクニックを重視するべきなんです。

高級車の購入を控えて軽自動車を買いましょうとか、自分へのご褒美は月3回までにしましょうとか言うのを聞くと「その程度じゃだめだろ」と思います。

それに過度な節約はダメという言論が意味分かりません。

節約できるものは節約すべきであって、過度な節約など存在しないのです。

節約は多少無理して過度に行っていく

「無理のない範囲でほどほどに節約しましょう」なんてぬるい考え方では一生セミリタイア資金が貯まらないのは目に見えています。

節約はもうこれ以上削れないというところからが本番です。

かくいう私も家賃は3万円までしか削れないと思っていたら1万円まで削れましたし、食費も最初は3万円くらいかかっていたのが今では1万円代で安定してきました。

それにまだまだやれそうなところが見えてきます。

これからも「過度な節約はダメ」という言論を無視して多少無理して過度に節約していきます。

コメント