頑張れ我らがN国党!

どうもニアです。

先日行われました参議院議員選挙にて「NHKから国民を守る党」、通称「N国党」がついに政党要件を満たし、正式な政党として認められました。加えてN国党は1議席を獲得し、N国党の立花孝志代表は参議院議員となりました。

やりました。投票に行って良かった。私が投じた一票は確かにN国党が1議席を獲得するための力になったのです。

そもそも自民党はダメダメですが、かといって民主党などという腐れ政党にだけは投票したくない。

最近荒れに荒れているかんぽ生命の不祥事も、元をたどれば民主党政権時代の郵政民営化に端を発しているわけですし、日本経済がここまで停滞したのも民主党政権時代のツケを払わされているからですし。

かといって、他の政党は与党の揚げ足取りするだけで何の役にも立たない。一見立派な公約掲げているようですが、どうせ何もしない口先だけの政党ばかりです。

他に投票するに値する政党が見つからない中、やっと票を投じたいと思える政治団体が現れました。

それがN国党でした。

そもそもNHKは昔からあまり好きではありませんでした。大して面白い番組もない癖に毎月1300円だなんて高すぎます。Amazonプライム(月400円)やNetflix(月650円)のことを考えると、NHKは月30円が妥当な値段でしょう。

NHKは毎年増収を重ね、今年は過去最高益を叩き出したなどと報じられていましたが、そんなものは電波利権で国民から受信料をたらふく貪り食っているという証拠に他なりません。

NHKの集金人も全くもってうっとうしい。テレビも持ってないのに契約の義務があるだのなんだと言って何度も訪問してくる。

そのせいで居留守をしていたら他の配達業者の方から荷物を受け取り損ねて再配達を頼む羽目になり配達員の方に申し訳ないわ迷惑だわで心底ウンザリしていたところです

その点N国党は信頼できる。「NHKをぶっ壊したい」という一心で長年活動を続けてきた立花孝志氏が代表を務めているからです。

できもしない、やりもしない公約を掲げているどこぞの政治家よりよっぽど信用できますし、安心して票を投じられる。

達成、ゼロw

達成、0w

NHKをぶっ壊したら即解散するというのも潔くて好き。今度選挙があったら迷わずN国党に投票してくるつもりです。NHKが壊されるその日まで。

ただし「NHKテレビ将棋トーナメント」は好きです。あれだけは視聴する価値がありますね。もっとも、高い受信料払ってまで見ようとは思いませんが。

コメント