9月1日は全国で最も自殺が多くなる日です

どうもニアです。

本日9月1日は全国で最も自殺者が多くなる日です。

なぜでしょうか。

それは通常9月1日は夏休み明けの登校初日だからです。

今年は9月1日が日曜日なので、9月2日に自殺する人も多いのでしょうが、いずれにせよ、9月の最初の登校日には自殺者が多くなるというのは昔から言われている事実です。

夏休みという名の安寧の日々が終わって、学校という名の社畜養成施設に連れ戻されるのが嫌で嫌でたまらないからですね。

気持ちは分かります。私もそうでした。

学校なんて閉鎖空間、嫌で当たり前です。気の合わない人間と同じ箱の中に入れられて教師という偉そうな人間に付き従わなければならないなんてうんざりしますよね。

学校を卒業した今でも学校というのは理不尽な場所だったと思います。

だいたいあんな閉鎖的な環境に思春期の子供を押し込めるのが良くないんですよ。

あんな閉じた環境じゃ、そこでの人間関係が上手くいかなかったり少しの悩み事で自殺を考える人が居てもおかしくないでしょ。

勘違いしがちですが、学校なんて所詮狭い環境であって、あくまでその地域に居る同世代の子供たちの一部を閉じ込めた箱に過ぎません。

気の合わない人間だっているはずですし、尊敬できない教師がいても何もおかしくありません。

しかし閉じた環境だとそこでの人間関係が全てだと錯覚してしまいがちなんですよね。

狭い環境だから気に入らない人間を無視して過ごすわけにもいかないし、育ちの悪い人間やいわゆるDQNという連中から目をつけれられるといじめが始まるわけです。

会社でもそうですね。同級生を同僚、教師を上司に置き換えれば学校での話はそのまま会社での話にあてはまります。

学校=社畜養成施設」というのは学校では決して語られない事実です。

だから「学校なんてくだらない」と思っている人は、その感覚を大事にしてほしいと思います。

その感覚こそ正常であって、学校は楽しいとか何が何でも通うべきとか言ってる人間は既に洗脳・調教済みの人間ですので、耳を貸してはダメです。

そして学校での悩み事で死にたくなる気持ちは分かりますが、早まってはいけません。

何度も言いますが、学校なんて所詮閉じた環境でしかありません。

そこで起こることなんて大したことではありませんし、そこにいる人間とは学校を卒業してしまえば二度と会う必要もありません。

卒業するまでの我慢です。今は耐えるときです。

どうしても耐えられないのなら不登校になってしまえばよいのです。それでもなんだかんだ言って卒業することは可能です。

確実に損になるのは、早まって自殺してしまうことです。

「生きていればいい事ある」なんて無責任なことは言えませんが、「死んでしまえば今の嫌な思いのまま人生が終わってしまう」というのは事実です。

どんなに嫌な思い出も、きっと時間が癒してくれます。

早まらず、ゆっくりと生きていきましょう。

私も昔は自殺を考えたことが幾度もありますが、それでも何とか今日まで生き延びてきました。

そして今では「20代でのセミリタイア」という情熱を傾けられる目標を見つけ、日々邁進する毎日です。

生きていればそのうち自分の生涯をかけてやりたいことが見つかります。

せめてその日までは死なないようにしましょう。

私もセミリタイアという名の人生の夏休みを手にするまでは死んでも死に切れませんし、お互い頑張りましょう。

コメント