どれだけ休もうが逆に働きたくはならない

どうもニアです。

お盆休みも明けまして、またボチボチ働き始める日々が始まってしまいました。

こういったお盆休みのような長期休暇中によく聞くのは、

「休み過ぎて逆に働きたくなったわ」
「あんまり休み過ぎると調子狂うから長期休暇なんて要らねぇわ」
「長期休暇与えられてもやることないから働いてた方が良い」

なんて話を聞きますが、全く賛同できません。

どれだけ休もうが逆に働きたくなることなんてありません。働かないで済むならそれに越したことはないからです。

休み過ぎて調子が狂うなんてこともありません。それは働いてるときに狂った調子が元に戻っただけです。

本当は働いているときの方が(主に頭が)狂っているのですが、休みを取ると調子が回復するので逆に調子が狂ったかのような違和感があるのです。

また、長期休暇を与えられてもやることが全くないなんてこともありません。

それは暇人の言うセリフです。

セミリタイヤーは節約に勉強に副業にと大忙しです。

ただでさえ自炊の為に買い出しに行ったりブログを執筆したり、読書したりゲームしたりとやりたいことはたくさんあるのに、よりにもよってわざわざ仕事をしたくなったりはしません。

仕事一本の社畜人間だからこそ仕事が休みになると「やることがない」なんて言うことになるのです。

私たちは社畜と違って、働くために生きているのではなく、生きるための手段の一つとして働いているに過ぎません。

働かないで済むのならそれに越したことはないのに、なぜわざわざ長期休暇を蹴ってまで働かなければならないのか理解に苦しみます。

「休むより働いていたい」

そんな考えだから有給休暇も取らず毎日残業したり休日出勤したりと自分から苦しむことを進んでやっていたんですね。

全く賛同できませんが。何色の血をしていたらそんな考え方になるのでしょうか。

まあ人によって考え方や好みや働き方は人それぞれですので、各個人がどのような考え方をしてもその個人の自由ですが、休むより働いていたいのなら一人で勝手に働いててほしいですね。

有給も取らず毎日残業するような人が居ると他の人が有給を取ったり残業せず帰るのがはばかられるような雰囲気ができてしまうので逆に迷惑なんですよね。

働くときは働く。休むときは休む。できる人はメリハリがついているものです。

有給を取らないのも残業ばかりするのも本人が勝手にやっていることなのに、こういう人は有休をとる人や残業をせず帰る人に文句を言いだすからどうしようもないんですよ。

「働くより休んでいたい」

そんな考えでセミリタイア道を突き進んでいきたいと再確認したニアでした。

コメント