「シンプル イズ ベスト」だ

どうもニアです。

昔からよくシンプルイズベストと言われます。

簡潔・単純なものが一番良いという使い古された言葉ですが、確かにその通りだと思います。

ごちゃついた部屋にうんざり

というのも、ふと部屋を見渡した時に「なんか散乱してるなぁ」と思ったのです。

整理整頓しているはずなのに、どうにも散らかって見えるのです。

なぜだろうかと考えたときに、「単純に物が多い」という事に気づきました。

確かに整理整頓されているのですが、一度にたくさんの物が目に入るため意識が分散してしまうのです。

一つ一つの物へ対する意識が分散してしまっているので、ごちゃついた印象を受けてしまう上に集中力が持続しにくくなっていると分かりました。

思い切って断捨離を実施

というわけで、要らない物や長いこと使っていない物を思い切って捨てることにしました。

「使う物は残す、使わない物は捨てる」というシンプルな考え方に立ち返ったのです。

「まだ使えるけど、普段使わない物」は思い切って捨てました。

こういった物をもったいないからと言っていつまでも保管していてはいけないのです。

そうやって部屋を整理していくと以前とは見違えるくらいにスッキリしました。

どこを見渡しても使わない物がなく、それでいて何も不足していないのです。

必要十分とはまさにこの部屋の事だろうと思うくらい納得のいく部屋が作れました。

部屋の整理をしてみて思ったのですが、今まであれも欲しいこれも要るという具合で、不必要にたくさんの物を抱え込んでいたんだなぁと痛感しました。

単純さは究極の洗練である

部屋作りにしても考え方にしてもそうですが、余計なものが何一つないという状態こそ至上であると言えます。

今まで色々なものを付け足してきた部屋はただごちゃついただけに終わりました。

様々な考え方や手法を取り入れて取り組んだ株式投資は失敗に終わりました。

結局のところ、何かが足らなかったのではなく、余計なものが多すぎたのです。

というわけで、これからは何事にも「Simple is best」の大原則を適用していきたいと思います。

コメント