口内炎の治し方

どうもニアです。

最近仕事が忙しいのと株式市場が乱高下しているのもあって、ストレスのあまり口内炎ができてしまいました。

口内炎の治し方

実は口内炎の治し方に関しては既に最適解が発見されています。

それは「イソジンでこまめにうがいすること」です。

口内炎がなかなか治らない原因は口の中が汚いからです。

口の中というのは雑菌や細菌の温床なので、そこにできた炎症(=口内炎)は治りにくいという特徴があります。

特に起床直後の口の中は公衆便器よりも汚いと言われています。

なので、食後や就寝直前などにこまめにイソジンで口内を消毒することによって傷の直りが一段と早くなります。

イソジンうがいとビタミン剤の摂取を繰り返せば早くて一日、遅くても3日以内に治ります。

口内炎はストレスのバロメーター

私は子供のころから口内炎ができやすい体質でした。

テスト前なんかはしょっちゅう口内炎ができていました。

口内炎はストレスのバロメーターみたいなものです。

今思い返しても、テスト期間はテスト問題のみならず口内炎の痛みと戦っていた記憶があります。

喋るだけで痛いので自然と口数も減りますし、食事をとるだけでも口が痛むのでゼリーとビタミン剤を胃に流し込むだけみたいな食生活を送っていました。

どうしてもすぐに治したいときは「サホライド」と呼ばれる硝酸銀水溶液の薬品で患部を焼いていたこともあります(めちゃくちゃ痛いので良い子は真似しないで下さい)。

今はなんとか治りかけてきましたが、体調に気を使って生きたいと思います。

体だけは絶対に替えが効かないですからね。

有益情報
スポンサーリンク
nearをフォローする
20代から目指すセミリタイア生活

コメント