ゴールデンウィーク程度で労働への憎しみは消えたりしない

どうもニアです。

自粛期間中のゴールデンウィークも終わりました。

あっという間ですね。

ニアはもうあと500日くらいは軽く休んでいたい気分です。

ゴールデンウィーク程度では満足できない

有給休暇をうまくくっつけられたから今週の日曜日まで休みという人もいるでしょうが、多くの人は木曜日から働くことになるかと思います。

そうはいっても、テレワークだから働くという感覚じゃねぇよみたいな人もいるかもしれませんが、ニアは普通に出勤です。

クソがああああああああああ!

だいたいこの程度の休みで「ゴールデン」とか言い過ぎじゃないですか。

三連休に毛が数本生えた程度の休みをゴールデンウィーク(黄金の週)とか言葉と実態が見合っていませんよ。

この程度の休みが与えられたからといって、今までに労働から受けたダメージや恨みがなくなるわけじゃありません。

私は労働を憎み、セミリタイアを愛します。

1000連休くらい欲しい

そもそも5連休程度で飛び上がるくらい喜んでいるのっておかしいと思いませんか。

5連勤なんて毎週ペースで普通にあるのに5連休になったらゴールデンウィークとか呼ばれているんですよ。

休みと労働が全然釣り合ってない。

1000連休くらい欲しいですよね。

こんなことを言うと実現不可能だと思う人もいるかもしれませんが、それを達成している人ってい実在するんですよね。

そう、セミリタイヤー達です。

セミリタイア期間が3年を超えている人達は1000日以上休むことに成功しているのです。

羨ましいですね。

セミリタイヤすれば毎日が休日になりますから、毎週がゴールデンウィークです。

一年に一回しかない週をありがたがっている社畜を見下ろしながら、圧倒的な休暇を毎週のように過ごすのです。

そんな日々を手に入れるべく、明日も副業や勉強を頑張らなくては。

などと思いつつ今日のところは就寝。

コメント